福島大学トップ > 就職の広場トップ > 公務員志望の方 - 公務員を志望する場合

公務員志望の方 - 公務員を志望する場合

公務員を志望する人は、まず、なぜ公務員を目指すのかを今一度自分の中で明確にしておく必要があるでしょう。昨今では民間企業と同じく公的機関も合理化、人員削減の動きがあり、単に安定しているからといった安易な気持ちで公務員を志望してもうまくいきません。しっかりとした目的意識を持って、準備に取り組むようにしてください。

1. 公務員とは 2. 国家公務員と地方公務員 3. 公務員試験とは 4. 公務員試験の傾向

1. 公務員とは

公務員は、国家及び地方自治体の行政に携わる職員であり、公共の利益を追求する、社会貢献度の高い職務です。公務員を志望する人は「国民のために奉仕する公務員こそ自分の仕事」というような明確な目的意識のもと、早い時期からの試験準備を行うことが大切です。

2. 国家公務員と地方公務員

公務員には文部科学省などの省庁やその付属機関に勤務する「国家公務員」と各都道府県や市町村などの地方自治体の役所および付属機関に勤務する「地方公務員」とがあります。

国家公務員試験は、総合職、一般職、専門職、経験者採用の4つに大別されます。
総合職は主として政策の企画立案等の高度の知識、技術又は経験を必要とする業務に、一般職は主として事務処理等の定型的な業務に従事します。専門職は、国税専門官や財務専門官、労働基準監督官など、特定の行政分野に関わる職種となります。

3. 公務員試験とは

国家公務員試験には基本的に一次試験と二次試験があり、一次試験では主に教養(一般常識)、専門知識(法律・経済など)、論文試験が、二次試験では主に面接、身体検査が行われます。総合職試験、一般職試験など区分によって試験の内容は異なりますので、あらかじめ確認しましょう。公務員試験に合格すると、成績順に「採用候補者名簿」に登録されます。任命権者はこの名簿の中から採用をしていきます。

地方公務員試験は各地方自治体が、上級(大卒程度)、中級(短大卒程度)、初級(高卒程度)に分けて、独自に行います。採用の方法は各自治体に任されていますので、あらかじめ調べておきましょう。必ずしも試験を実施しないところもあります。試験方法は各自治体ごとに異なりますが、基本的には国家公務員と同様と考えてください。

4. 公務員試験の傾向

複雑・多様化した社会のニーズに対応するための人材を採用するため、人物重視の傾向が強まっています。かつては一次試験合格=合格といわれていましたが、最近では一次で比較的多めの合格者を出し、二次の面接によって絞り込むのが一般的になってきています。つまり、志望動機、自己 PR が重要な判断材料となっているということです。また、国家公務員試験については、ほとんどの人が官庁を訪問します。各省庁の業務内容を把握したり、各々の採用状況を知ることができ、志望官庁を選択する上で重要なポイントとなるからです。一方、各省庁においては訪問者の人間性や志望動機の内容をみる機会にしていますので、自己 PR の場として重要なステップになります。事前にアポイントをとり、積極的に行うようにしてください。

公務員試験の受験手続・試験方法